読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の備忘録

趣味など雑感・雑記

アイカツスターズ!を1年振り返って

 

ついこの前、アイカツスターズ!が50話の放送を終了し、この春新シリーズの星のツバサ編がスタートした。

これで、アイカツ!からつながったバトンは4年半もの時間をわたって受け継がれていることになる。

おしゃもじをマイクに変えた彼女の意思は、キャラや世界が変わっても続いているが、節目のときなので、ざっと1年を振り返ってもたいと思う。

 

アイカツスターズ!は、前作アイカツ!の3年半の放送の後の作品であり、佐藤監督が言うには「甲子園出場が初めから期待されている」作品だったという。

諸スタッフがガラリと変わり、概してアイカツ!の優しい世界の描写より、競い合うことでの悩みや残酷な心情が描かれていた印象があった。近年で夢をテーマにする児童向けアニメのお話は多いが、アイドル活動を通じて一つしかない椅子を競い合うのは観ていて楽しくも辛くもあった。

 

アイカツスターズ!前半では、おおよそ1クールでキャラ紹介・2クールで掘り下げ、後半では小春ちゃん・リリィ先輩・「力」の話などキャラ展開や、成長の最終形を描いていた。

 

50話観た雑感として、「伝統を重んじるのも大事、伝統を発展させていくのも大事」という白銀リリィ先輩の発言を以て代えさせていただきたい。(彼女はこの発言の後にチェンソーでモミの木を伐採している。これもまた斧に対するアイカツスターズ!の解答なのだろう←???)

 

S4を志すに伴うアイカツ!特有の引き分け対策や、不遇キャラもあまりいなかったし、それに加えてM4という男性キャラの導入など、まさしく温故知新の考えである。

 

物議を醸した劇場版アイカツスターズ!が夏に公開されてから本編は山場を迎えていて、小春ちゃんが渡して精神的支柱が細ったゆめちゃんが”力”のことで悩んでいること、自信家なローラちゃんが結果に対して大いに悩むこと、特にここらへんは1年を通して丁寧に伏線を張られていたので濃密だった。というかすごくヒヤヒヤしながらライブパートを試聴していた。毎回寝不足と相まって泣きそうになっていた。

 

もともと1年のプロットで”力”のお話し関連を片付けたおかげで、2年目にうまくつなげられたと思った。

 

「つかめ!アイドル一番星☆」のキャッチコピー通り、S4の座についたゆめちゃんだけど、個人的にはあまりS4になってほしくなかったというか・・・。嬉しいんですけど、成長速度が速すぎるというか、初期メンバー5人のうち3人がS4(S4を上回ったのは真昼ちゃんだけだけど)っていうのはメンバー的に貫禄がないというか・・・。

 

まぁアイドル活動においてS4はゴールではないので、やっぱり成長は素直に感動的でした。キャラクター・声優・歌唱担当のAIKATSU☆STARS!の皆さん・ライブパートのCG、全員が1年を通して成長していったので、やはりアイカツは最高だな、というおはなし。